Cap

サイトマップ

オリジナル帽子の正しい使い方を知っておこう

どの季節でも使いやすい帽子ですが、正しい使い方を知っておかないと、長く愛用しているうちに思わぬトラブルに遭ってしまう可能性があります。せっかくオリジナルの帽子をかぶるのならば、ちょっとしたコツを押さえて、満足度が高い着こなしにすることをお勧めします。帽子は頭部そのものによって固定するので、その構造上、どうしても頭皮からの汗が内部に籠りやすく、蒸れやすい環境です。
通気性に優れたメッシュキャップや麦わら帽子はともかく、普通の帽子では一定時間たったら、かぶっている帽子を外してクールダウンを行いましょう。フリーサイズの帽子では、後ろにサイズ調整用のスナップなどがついているので、あまり絞めつけすぎない範囲でフィットする位置へ調整しておくことも大切です。絞めつけすぎると、頭皮にある毛細血管の働きが鈍ってしまい、毛髪への影響もあるので、普段から余裕があるサイズを心がけましょう。
ただし、テニスの試合のように、ユニフォームの一部として使用する専用のオリジナルの帽子については、プレー中に落下しないだけのタイトさが求められます。お手入れとしては、オリジナルの帽子の生地に適した洗濯を行う必要があり、洗濯後にはできるだけ陰干しによって、十分に乾燥させておくのが基本です。保管しておく場所についても、なるべく風通しが良くて、直射日光が当たらないところが向いています。

オリジナル帽子の歴史とその有効性について

自分なりのオシャレを追求するために使用される帽子ですが、元々は野外で長時間の作業を行う労働者のために作られていました。今でも工場や建設現場の作業者の制服には、指定のオリジナル帽子もセットになっており、その他には野球などの一部のスポーツのユニフォームとしても採用されています。帽子を使う主なメリットは、まず直射日光を防げることで、これによって真夏の日中であっても、保護されている頭部の温度上昇を抑制してくれるのです。
前方に設けられたツバによって、顔面への日光や舞い散っている埃もカットしてくれるため、一時的に視界を失ってしまい、判断が遅れてしまうこともありません。さらに、頭部と接する部分の内側にある汗を吸収するパッドと、目立ちにくい位置に開けられた換気用の空気穴によって、汗が下まで垂れてこないように工夫されています。ファッション用のオリジナル帽子では、デザイン重視のためにはっきりとした空気穴などがない場合もありますが、これまでのノウハウが活かされている点は同じです。
普段何気なくかぶっているオリジナル帽子であっても、アメリカ開拓といった人類の歴史を支えてきたアイテムであると考えると、壮大なロマンを感じられます。日差しが強い昼にお出かけする時には、熱中症を予防するためにも、ぜひお気に入りのオリジナル帽子をかぶってから出かけましょう。

オリジナル帽子を選ぶ前に知っておくこと

カジュアルファッションで、帽子は大切なアイテムということができます。帽子を身につけている場合とそうではない場合ではかなり印象が変わってきます。帽子の種類や素材によって多少はちがいますが、一般的に帽子をかぶると、男性であれば年齢よりも若く少年のような感じを与えます。一方、女性はどちらかというと中性的なイメージを与えます。
一般的なイメージはそうかもしれませんが、オリジナル帽子はその種類と素材によって微妙に違いますので、選ぶ前にあらかじめ理解しておけば助けになります。まず、種類についてですが、前面についているパイザーの部分と天井の形によって大きな違いがあります。パイザーの部分が顔に対して大きいと帽子をつけた時には当然、小顔に見えます。
また、天井の部分の形には野球帽子のような丸形のものの他にも平らな形のものがあります。自分の頭にフィットするオリジナルのものを選択する事ができます。次に素材についても理解しておけば、オリジナル帽子を選ぶ助けになります。たとえば、デニムの素材であれば、フィットしやすく保存も比較的簡単です。しかし、レザーの帽子であれば見た目がエレガントに見えますが、保存には少し、気を使わなければなりません。


KAMEOKA:オリジナルの帽子作りませんか?
オリジナルの帽子を作って、オシャレにでも、みんなでお揃いにでも、使い方はたくさんあります!ですので、世界に一つだけのオリジナルの帽子を作ってみることをおすすめです!カメオカは綺麗に仕上げてくれることでもゆうんうぃですので、活用しましょう!

TOP